2007年04月24日

先端ナレッジフィールドに「ほしのあき」の等身大ポスター入荷!

hoshino_blog.jpg

株式会社トイボックス(本社:大阪市北区 代表取締役 小林芳文)は、従来にないリアルな立体感が好評の、等身大立体ポスター『1/1 Scale Stereo Screen』シリーズの第3弾を発表致しました。

プレスリリース:
3dposter_hoshino.pdf

こちらのポスターが、先端ナレッジフィールド・3Dスタジオに入荷致しました!

先端ナレッジフィールドでは定価15,800円(税込16,590円)のところ
5/18までの限定価格13,500円(税込14,175円)で発売中!!数量限定生産ですのでお申し込みはお早めに!!

なお4月25日発売の”週間実話”誌で、今回の『ほしのあき』ポスターの別撮りなどで構成した、8ページの立体ミニ写真集が付録に付きました。
上記の週刊実話誌には、当社提供で大久保麻梨子と山崎真実の両名が、それぞれ1ページで立体グラビアで掲載されました。

等身大ポスター サンプル画像:
sample_hoshino.jpg

■商品の概要
『1/1 Scale Stereo Screen』第3弾は、トップアイドル「ほしのあき」を起用したビッグサイズの等身大立体ポスターです。本商品は最新の立体視技術を用いており、専用のメガネを通してポスターを見るだけで、等身大の「ほしのあき」が目の前に、まるで手を延ばせば触れられるかのようにリアルに浮かび上がります。

続きを読む
posted by @マークプロジェクト at 19:39| Comment(0) | TrackBack(11) | アキバ3Dスタジオ(映像系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

〜ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト「ナレッジフォレスト」〜

070416_hirodaiato_01.jpg

当社が参画し、コンセプトメイキングをサポートさせていただいているグループ(株式会社アーバンコーポレイション他)が、広島大学本部跡地「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」の事業予定者として選考されました。
今後、この報告を受けて主催者である広島市および広島大学により、事業予定者が決定される予定です。

広島大学本部跡地は、広島都心部に残された数少ない大規模未利用地(約4.7ha)であり、平成18年3月には広島大学を中心とした広島地域大学長有志懇談会から、跡地利用について「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト(仮称)」が提案されていました。当社参画グループは、同提案内容や広島の教育の中心として栄えた歴史等を踏まえ、『知の拠点』の形成に寄与する事業計画を提案し、当該事業を確実に実行することができる事業予定者として選考されました。

当グループでは、「知の継承・育成」「知の創出・交流」「学びの場としてのまちづくり」をテーマに、多様な施設と機能が「知のマネジメント」によってつながる、まち全体を知の育成・交流を図る森とする「ナレッジフォレスト」の実現を目指しています。
当社も、引き続き「ナレッジフォレスト」の実現を目指し、広島市の都心活性化・都市魅力の向上に貢献するプロジェクトとして協力していきます。

(下記の各HPで詳細がご覧いただけます)
広島ホームテレビHP
http://www.home-tv.co.jp/news/history.php?news_id=2007-04-164

アーバンコーポレイションHP
http://www.urban.co.jp/news_contents.html?id=725

日経ネット
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20070416c6b1601f16.html

広島市HP
http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/
1176723797117/index.html

posted by @マークプロジェクト at 15:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 先端ナレッジフィールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

第十二回 ゲーマーズラウンジ

070429.jpg
ゲーム事業プロデューサーの松井です。

毎月最終土曜日に、とお知らせしておりましたゲーマーズラウンジですが、今月(4月)は、29日の日曜日に変更となりました
28日の土曜日は、会場の東京フードシアター 5+1が婚礼にて貸切となっております。ご注意ください。


続きを読む
posted by @マークプロジェクト at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

[event]第十一回ゲーマーズラウンジレポート

P1010003.jpg
ゲーム事業プロデューサーの松井です。
先週末に開催されました、第十一回ゲーマーズラウンジのレポートです。


※追記
7/28開催のアルキメDS体験会の記事はこちらです。
http://icic.seesaa.net/article/47167740.html


続きを読む
posted by @マークプロジェクト at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ゲーマーズラウンジ 第十一回開催

lounge11.jpg

ゲーム事業プロデューサーの松井です。
しばらくの間お休みを頂いていました「ゲーマーズラウンジ」ですが、今月末より、「毎月最終土曜日」に定期開催することが決定しましたのでお知らせします。

※3/27追記があります。詳細は続きをご覧ください。


続きを読む
posted by @マークプロジェクト at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

P!GASSO 3DWeb 実作ワークショップのご案内

先端ナレッジフィールド内 秋葉原アドバンスドアカデミーにて、3D Web制作システム「P!GASSO」の3D Web実作ワークショップが開催されます!
日本初の本格的実作ワークショップ(半日コース)となっております。

【実施期日】
2007年3月29日(木)
ワークショップ 13:00〜17:00
懇親パーティ 17:10〜19:00

【主催】
(株)フローベル+月刊「ニューメディア」編集部

P!GASSO_WorkShop.pdf

続きを読む
posted by @マークプロジェクト at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | アキバ3Dスタジオ(映像系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

RETAILTECH JAPANにて、タウンメディアプロジェクト参考出展

流通情報システム総合展「RETAILTECH JAPAN」にて、新産業文化創出研究所がプロデュースする「タウンメディアプロジェクトの参考出展を行っております。

街の窓がインタラクティブな情報発信メディアになるシステムです。今回は、2D/3Dマップとショッピングサイトがリンクした次世代のショーウィンドウシステムをデモしております。お立ち寄りの際は、是非ご覧下さい。

RETAILTECH JAPAN http://www.shopbiz.jp/
3月6日〜9日 東京ビッグサイトで開催中です。

RT02.jpg
2D/3Dマップ
続きを読む
posted by @マークプロジェクト at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

二足歩行ロボットの聖地、秋葉原で夢のロボットを創ろう!! “Autodesk® Inventor(tm)"カップ〜第1回 オリジナルロボットパーツ デザインコンテスト〜 結果発表!!

長らくお待たせ致しました、二足歩行ロボットの聖地、秋葉原で夢のロボットを創ろう!! を合言葉に開催された「“Autodesk® Inventor(tm)"カップ〜第1回 オリジナルロボットパーツ デザインコンテスト〜」(応募ページは下段を参照下さい)。葛゚藤科学の2足歩行ロボット「KHR-2HV」に合わせてデザインされたオリジナル外装パーツデザインの数々、いよいよ結果発表です!!並み居る強豪を押しのけ、優勝したのはなんと高校生、力作の数々をご覧下さい。
【KHR-2HVの元データ】
KHR-2HVskelton.bmp

【審査結果】
■優勝
静岡県立浜松工業高等学校 小木野孝樹氏「無題」
(応募コメント)
この作品は、武士の鎧をイメージし、自分なりにロボットの近代的なイメージを取り入れました。腕や背面などに甲冑のような部分を作ることで、各部がより鎧らしく見えるように工夫しました。
(審査員コメント)
・「実体を見たくなるデザインだから選びました。ロボットデザインとしては独特の個性があってインパクトが強いですね(千葉工大先川原審査委員長)」
・「はっきりしたテーマがあり、大きな可能性が感じられる。基本のパーツとして、様々な発展も考えられる。人型ロボットに鎧というのが良いですね!(サンライズ井上氏)」
・「デザインのオリジナリティが見られる。機能性にコンセプトが含まれ、シンプルな中に、想像をかきたてられる(インベンターユーザー会本岡氏)」
・「ロボットと他のイメージを上手く融合させたデザインがこれからも出てくるとよいと思います(ロボコンマガジン竹西編集長)」
3-1.bmp
3-4.bmp
3-5.bmp
■審査員特別賞
永塚正樹氏「caRobo」
(応募コメント)
コンセプトは近未来の自動車です。キャノピー部(顔の部分)はハッチになっていて、そこから乗り込みます。手足を使ったアクティブサスで乗り心地もバツグン!!変形してDoriverモードになるのが特徴です。
(審査員コメント)
・「アイデアが面白い!!機構含むデザインもスッキリしてキュート(近藤科学近藤社長)」
・「文句なし。デザインの好みはさておき、エンジニアリング的要素を加味した点(ホイール走行形態)が大きく評価できる(リアルファクトリー相馬社長)」
6-1.bmp
6-2.bmp
6-3.bmp
■Inventor特別賞
菅山三郎氏「Mr.K」
(応募コメント)
爬虫類系の生物がロボットになったイメージです。胸のマークは3枚の爪がイメージです。頭はクリア系のキャノピー風。ふくらはぎのグレーはスポンジです。色や形はシンプルに(時間が無かっただけです。時間があれば、もう少しトカゲ系?なテーマを盛り込みたいです。
(審査員コメント)
・「一見して完成度の高さが光っている。色のシンプルさや、頭のノッペラボーというのもむしろ現実的。曲面形状にチャレンジした姿勢が素晴らしい(オートデスク鈴木氏)」
・「ロボットらしいデザイン。動作のことも考えてある(近藤科学近藤社長)」
7-1.bmp
7-2.bmp
7-3.bmp

なお優勝者の小木野氏には、実際に頭部パーツを製作して贈呈予定です。来月のロボコンマガジン上でもこの写真は公開されますので、是非ご覧下さい。第二回目のデザインコンテストもパワーアップして企画中です。本ページも随時更新されますので、随時アクセスして下さい!!

ロボコンマガジンhttp://www.ohmsha.co.jp/robocon/


posted by @マークプロジェクト at 10:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボットパーツコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

健康と食から生まれる新しいビジネスチャンスとは!

日時:2007年2月20日(火) 14:00〜17:00 交流会17:30〜19:00

場所:大阪産業創造館 4階イベントホール

料金:1,000円 (消費税込み) ※交流会参加の場合別途2,000円

廣常啓一をコーディネーターに食分野の異分野交流から生まれる新しいビジネス【新食系ビジネス】を浮き彫りにする!

================================

食の安全性やトレイサビリティ、メタボリックシンドローム対策など健康のために「食材やメニューを選ぶ」という消費者は確実に増えています。予防医学の一環として大学医学部や病院と企業が他社と共同でレシピを開発したり、外食産業でも健康食ブームを追い風に、より“体によい”メニューを開発し、差別化を図ろうという動きもあります。

今後は、食糧生産・物流・社員食堂・学校給食・厨房機器・調理家電・外食産業などの「食関連事業」と、これまであまり連携のなかった医療分野・健康サービス・家電・情報通信関連・教育などの「健康関連事業・異分野事業」が連携することで、消費者ニーズにマッチした新たなビジネス領域が確立されると予想されています。
そこで本イベントでは、“健康と食”をテーマとした異分野の新たな連携から生まれるビジネス市場にフォーカスし、ビジネスシーズの提供と、商品や事業の事例など、新ビジネスを生み出そうとする新たな取組みを紹介します。
また、パネルディスカッションでは大阪における新たな“健康と食”ビジネスの可能性と、新規参入、コラボレーションについても検証します。プログラム・申し込みはこちら
posted by @マークプロジェクト at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フードナレッジプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

2月15日第3回次世代ロボット・インタフェースフォーラム開催

『次世代ロボット・インタフェースが生む新たなビジネス』

ロボットテクノロジーを活用し提供されるサービスの中で自社の技術はどのように活用されていくのか?
実際のサービスの場ではどこまでの技術力が求められるのか?

次世代ロボット開発ネットワーク「RooBO」と秋葉原先端ナレッジフィールドのコーディネーターが、テクノロジーを活用した新規事業開発をサポートいたします。

【日時】2月15日(木) 15:00〜18:00(14:30〜受付開始)
※前回のフォーラムと開催時間が変更になっています。ご注意ください。

【定員】東京会場:200名 大阪会場:50名(満席になり次第、締め切ります)

【場所】●東京、大阪2会場を中継し開催します
  ■東京会場(主会場):アキバ3Dシアター
  東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX4F
 (交通手段)
  ・JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分
  ・地下鉄銀座線 末広町より徒歩3分
  ・地下鉄日比谷線 秋葉原駅より徒歩3分
  ■大阪会場(サテライト会場):ロボットラボラトリー 
    大阪市北区梅田1-1-3-1600大阪駅前第3ビル16階 
     *大阪会場はTV会議システムでの参加となります。
内容・申し込みはこちら
posted by @マークプロジェクト at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 産学連携プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。