2007年02月15日

二足歩行ロボットの聖地、秋葉原で夢のロボットを創ろう!! “Autodesk® Inventor(tm)"カップ〜第1回 オリジナルロボットパーツ デザインコンテスト〜 結果発表!!

長らくお待たせ致しました、二足歩行ロボットの聖地、秋葉原で夢のロボットを創ろう!! を合言葉に開催された「“Autodesk® Inventor(tm)"カップ〜第1回 オリジナルロボットパーツ デザインコンテスト〜」(応募ページは下段を参照下さい)。葛゚藤科学の2足歩行ロボット「KHR-2HV」に合わせてデザインされたオリジナル外装パーツデザインの数々、いよいよ結果発表です!!並み居る強豪を押しのけ、優勝したのはなんと高校生、力作の数々をご覧下さい。
【KHR-2HVの元データ】
KHR-2HVskelton.bmp

【審査結果】
■優勝
静岡県立浜松工業高等学校 小木野孝樹氏「無題」
(応募コメント)
この作品は、武士の鎧をイメージし、自分なりにロボットの近代的なイメージを取り入れました。腕や背面などに甲冑のような部分を作ることで、各部がより鎧らしく見えるように工夫しました。
(審査員コメント)
・「実体を見たくなるデザインだから選びました。ロボットデザインとしては独特の個性があってインパクトが強いですね(千葉工大先川原審査委員長)」
・「はっきりしたテーマがあり、大きな可能性が感じられる。基本のパーツとして、様々な発展も考えられる。人型ロボットに鎧というのが良いですね!(サンライズ井上氏)」
・「デザインのオリジナリティが見られる。機能性にコンセプトが含まれ、シンプルな中に、想像をかきたてられる(インベンターユーザー会本岡氏)」
・「ロボットと他のイメージを上手く融合させたデザインがこれからも出てくるとよいと思います(ロボコンマガジン竹西編集長)」
3-1.bmp
3-4.bmp
3-5.bmp
■審査員特別賞
永塚正樹氏「caRobo」
(応募コメント)
コンセプトは近未来の自動車です。キャノピー部(顔の部分)はハッチになっていて、そこから乗り込みます。手足を使ったアクティブサスで乗り心地もバツグン!!変形してDoriverモードになるのが特徴です。
(審査員コメント)
・「アイデアが面白い!!機構含むデザインもスッキリしてキュート(近藤科学近藤社長)」
・「文句なし。デザインの好みはさておき、エンジニアリング的要素を加味した点(ホイール走行形態)が大きく評価できる(リアルファクトリー相馬社長)」
6-1.bmp
6-2.bmp
6-3.bmp
■Inventor特別賞
菅山三郎氏「Mr.K」
(応募コメント)
爬虫類系の生物がロボットになったイメージです。胸のマークは3枚の爪がイメージです。頭はクリア系のキャノピー風。ふくらはぎのグレーはスポンジです。色や形はシンプルに(時間が無かっただけです。時間があれば、もう少しトカゲ系?なテーマを盛り込みたいです。
(審査員コメント)
・「一見して完成度の高さが光っている。色のシンプルさや、頭のノッペラボーというのもむしろ現実的。曲面形状にチャレンジした姿勢が素晴らしい(オートデスク鈴木氏)」
・「ロボットらしいデザイン。動作のことも考えてある(近藤科学近藤社長)」
7-1.bmp
7-2.bmp
7-3.bmp

なお優勝者の小木野氏には、実際に頭部パーツを製作して贈呈予定です。来月のロボコンマガジン上でもこの写真は公開されますので、是非ご覧下さい。第二回目のデザインコンテストもパワーアップして企画中です。本ページも随時更新されますので、随時アクセスして下さい!!

ロボコンマガジンhttp://www.ohmsha.co.jp/robocon/


posted by @マークプロジェクト at 10:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ロボットパーツコンテスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。